本文へ移動

教育・保育内容

基本理念

エンゼルIT保育園は、優しさと豊かな心を持つたくましい子どもを育むために次の目標を掲げます。

保育理念

「一人ひとりに寄り添い、育ちあう保育園」

たとえ、生後間もない乳児や1・2歳児でも自分の体や身の回りの親しい人、更に周りに置かれたものなど興味をもち、関わろうとします。そして、感じ、考えたことをことばあるいは言葉以外の方法で表し、伝えようとします。その年齢なりに気づき・できるようになり、試し・工夫し粘り強く取り組む姿が見られます。エンゼルIT保育園では小規模で家庭的な雰囲気の中での保育の特徴を生かし、子どもたち一人ひとりの反応や思いを受け止め、寄り添いながら、子どもたちの成長を見守っていきます。
「食事」~食べることを楽しみに~
食を営む力は、食べることだけでなく、人と共に食を楽しむことや、食材が調理されて料理ができているとわかること、配膳や片付けをすることなどから育まれます。食べる楽しさはおいしいと感じ、よくかみ、味わうことから始まります。0歳から2歳児まではゆったりと楽しんで食べる習慣を身に付ける時期です。離乳食から固形食へと移るにつれて、多様な食べ物をよくかんで味わいます。味覚が広がり、さまざまな味に親しみます。また、保育者や友達と一緒に食べることの良さを感じ食事という場面を大事にしながら、スプーンや箸などをつかい、一人できちんと食べるようになっていきます。

「絵本の読み聞かせ」~絵本から言葉の理解へ

子どもと保育者、また子ども同士、更に子どもと絵本との間に親しみが生まれ、絵本の内容が豊かな広がりを持つようになります。乳幼児にとって絵本は大人に読んでもらうものです。絵本への興味は0歳後半から始まります。1歳を過ぎて絵本を鑑賞できる段階になると、大人から簡単な言葉を聞いてそれを絵に当てはめて理解するようになり、絵本が好きになっていきます。そして、ゆったりと落ち着いた雰囲気の中で、大人と数人の子どもたちが一緒に過ごす時間も好きになっていきます。
 

「室内遊び」~能動的な関わりで、芽生えを引き出す~

小さいうちは特に室内が主な環境となります。そこに多様なものを用意することで子どもの遊びが誘発され、他児の遊びを見ることで憧れが生まれます。子どもの能動的な関わりを引き出すため、エンゼルIT保育園では保育室やプレイルームに年齢に合わせた材料や遊具を用意して作り出すことや組み立てることへの興味を引き出します。

「体を動かす運動遊び」~体を存分に動かす~

エンゼルIT保育園のプレイルームには、滑り台や鉄棒、クライミング遊具、ボール、起伏のあるハイハイマット、三輪車など、体を存分に動かせる遊具があります。プレイルームで体を存分に動かして遊ぶことで運動の基本を育て、友だちと一緒にする楽しさを味わい、考え、工夫する力が芽生えます。

「散策、戸外遊び」~戸外は発見に満ちている~

TOPへ戻る